ビルの省エネルギー対策項目

お客様のご要望に応じて、自動制御・中央監視装置の専門家であるエステックが建物の用途に合わせて様々な視点でエネルギー使用状況を調査・分析をいたします。
計装技術の観点から更なる省エネルギーを図るため、提案や費用対効果の評価により、最も有効な対策を実施し、対策後の効果検証まで一貫したエネルギーサービスを提供させていただきます。

◆弊社が自信をもってご提案できるシステムの一例です。
〔1〕 空調負荷の軽減
1.温湿度
・室内温湿度条件の緩和
・クールビズ、ウォームビズ
2.外気量
・外気量の削減
◆CO2濃度による制御
◆起動時の外気導入制御
◆外気冷房制御
◆再熱(除湿)制御の取止め
3.混合ロス
◆ミキシングロスの防止
〔2〕 熱源機器の効率運転
1.熱源設備
◆台数制御の見直し
◆台数制御の採用
◆インバータ機器、制御の採用
・ガス冷温水機の燃焼空気比調整
・手動によるこまめな調整
◆台数制御設定値の変更
◆冷水出口温度設定の変更
◆負荷率による熱源運転順位の変更

・熱源機器付属のマイコンデータの採集
◆温水出口温度設定の変更
◆冷却水温度設定値の変更

・効率低下機器の補修、交換
・燃焼機器の伝熱面の清掃、スケール除去
・冷凍機のコンデンサ、エバポレータ清掃
・ボイラー設定圧力調整
◆蓄熱システムの省エネ運転
〔3〕 搬送動力の削減
1.ポンプ類(水系)
・冷温水送水量の変更
◆ポンプ台数制御
◆ポンプ台数分割又はインバータ制御採用
◆VWV制御の有効性検討
◆冷却水量変更
◆冷水量変更
2.空調機等(空気系)
・送風量の変更
・空調機及びファン類に省エネベルト装着
◆VAV方式の場合、送風温度変更
◆VAV方式の場合、送風圧力変更
◆空調機、ファン類のインバータ制御採用

・コイル、フィルターの清掃
〔4〕 運用対応
1.運転管理
・残業運転の短縮又は取止め
・立上り時間の短縮
・非使用室の空調停止
・空調設備の間欠運転
・余冷、余熱運転の活用
・軽負荷時のファンコイル冷温水供給停止
・空調の停止
・加湿の調整/期間、時間変更
・除湿の調整/期間、時間変更
・ナイトパージ
・ダクトの空気漏れ点検
◆自動制御機器の点検
2.保守管理
◆デマンド制御システムの導入
・不必要箇所の換気中止
・間欠運転
3.換気設備
・室内圧力調整による隙間風防止
・ブラインド類の適切な運用(日中、夜間)
・中間期の扉、窓開放(自然換気)
・全熱交換器中間期制御設定
・排熱換気ファンの起動設定温度変更
・鋼板屋根に断熱塗料塗布
4.空調関係
・空気分布の適正化
・水加湿による冷却効果
〔5〕 その他
1.照明器具
◆器具の変更(高効率ランプ)
◆タイマー、スイッチによる自動点滅
◆個別スイッチ、人感センサー
◆照度コントロール装置の取付
◆照明配線回路の細分化
◆タスク&アンビエント方式の採用
2.衛生設備等
・給湯温度の変更
・中央給湯を個別に変更
・給湯時間と範囲を短縮制限する
・冬期以外の給湯停止
・冷凍/冷蔵ケースにナイトカバー設置
・高効率熱源機器へのリプレース
・熱源機器の分割化で部分負荷時の効率向上
3.エレベータ・エスカレータ
・エレベータ間引き運転
・エスカレータ間引き運転/自動運転
〔6〕 省エネルギー改修
1.機器関係
◆フリークーリング(冷却水の冷水利用)
◆空調ゾーニングの見直し
◆蒸気弁の断熱
◆全熱交換器の設置
◆水搬送経路の密閉化
◆冷温水を定流量から変流量制御
(3方弁→2方弁へ変更)
◆ポンプ、ファンのインバータ取付
◆計量器の増設による監視強化
◆BEMS導入による空調設備の効率化

・中水設備の導入
・雨水利用設備
2.給排水衛生設備
◆節水システム
◆節水コマ、節水シャワーヘッドその他
◆自動水栓
◆擬音装置

・給湯配管の断熱強化
・省エネ型ショウーケースの利用
3.照明設備等
◆反射板の取付
◆照明器具の配置及び採光改善
◆力率改善制御システム
≪上表は、財団法人省エネルギーセンター『省エネチューニングガイドブック』を参考に作成しています≫

Copyright(C)2008 Estec Co.,Ltd. All rights reserved.

〒812−0006 福岡市博多区上牟田1丁目28番25号   株式会社エステック
TEL:092-292-5111 FAX:092-292-5112